予約する

ご利用案内Usage guide

事故のときは

万が一、事故が発生した場合は、下記に従って処置をお願いします。

  1. 負傷者の救護

    負傷者がいる場合は、ただちに救護をお願いします。救急車は119番

  2. 二次災害の防止

    安全な場所にバイクを移動し、ハザードランプを点滅させてください。

  3. 警察へ届け出

    110番へ連絡ください。
    (事故証明書の取得手続きをお願いします)

  4. 相手の確認

    事故の相手の氏名、連絡先の確認をお願いします。

  5. 貸出店舗と
    保険会社へ連絡

    貸出店舗および保険会社へご連絡ください。三井住友海上 (TEL:0120-258-365 / 365日・24時間)
    店舗営業時間外の時は、貸出店舗への連絡は翌朝にお願いします。

ロードサービスが必要なときは

ヤマハ バイクレンタルの車両は
24時間365日対応のロードサービスを付帯しております。

距離制限無しで貸出店舗まで搬送いたします。
故障やバッテリーあがり、ガス欠などトラブルでロードサービスが必要なときは
ヤマハ バイクレンタルコールセンターへご連絡をお願いします。

ヤマハ バイクレンタルコールセンター
0120-819-117(365日 / 24時間)
  • 126cc以上に限ります。
  • 天候や道路状況、作業混雑状況により作業車が遅れる又は現地に到着できない場合があります。
  • 淡路島、沖縄本島を除く離島、林道、サーキット場などは対象外地域です。また公道以外の場所も対象外となります。

違法駐車について

違法駐車はおやめください!

少しの間でも駐車場に停めましょう。
数分の間でも放置車両の確認標章が取り付けられます。
以下のような場合においても、お気をつけください。

  • コンビニエンスストアでの買い物
  • お食事中
  • 荷物の積み下ろし

確認標章が添付された場合

  • 確認標章に記載されている警察署に出頭してください。
  • 所定の手続きと反則金などの支払いをしてください。
  • 違反処理後、レンタル車両をご返却ください。(返却の際に「警察で受け取った書類」「領収書」などをご提示ください。)

違反処理をしていただけなかった場合

レンタル車両ご返却までに違反処理をしていただけなかった場合、当社が別に定める駐車違反違約金17,000円(不課税)をご負担いただきます。
なお、レンタル車両のご返却後に、警察に出頭・反則金納付のうえ、交通反則告知書と領収印のある納付書・領収証書等の書類を、所定の方法でご提示いただくことにより、反則金相当額をご返金いたします。

盗難されたときは

レンタル車両が盗難された場合は、下記に従って処置をお願いいたします。
盗難被害に関し貸出店舗と保険会社の調査にご協力お願いします。

1.直ちに警察へ届け出

2.貸出店舗へ被害状況等を報告

盗難を未然に防ぐため、駐車時は短い時間でも必ずカギをかけましょう!

返却時間に間に合わないときは

返却予定時間を超過する場合は、
必ず貸出店舗へ事前にご連絡をお願いします。

返却時に超過時間に応じた料金を申し受けます。
事前に連絡なく超過された場合は、別途定める違約料をお支払いいただきますので、あらかじめご了承ください。